医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.756-760
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
間接熱量測定のコツ
滋賀医科大学医学部附属病院 栄養治療部
栗原美香,佐々木雅也
キーワード  間接熱量測定,呼吸商,安静時エネルギー消費量
はじめに  
 エネルギー投与量を求めることは,栄養管理を行ううえで基本的な事項である.しかしながら,エネルギー必要量の算出には,病態を正確に把握し,患者の体組成,エネルギー代謝などを予想する必要がある.複雑な病態や個々の体格によって消費エネルギーは変化するため,エネルギー必要量の算出はとてもむずかしい.エネルギー不足は,栄養不良を招き,免疫能の低下をきたし,一方,過剰栄養は高血糖や肝障害などのリスクとなる.
 エネルギー必要量は,Harris-Benedict 式から求めた基礎エネルギー消費量(basal energy expenditure:BEE)に活動係数やストレス係数を乗じて算出される方法,病態によって体重に係数を乗じて求める方法,間接熱量測定にて安静時エネルギー消費量(resting energy expenditure:REE)を求める方法がある.Harris-Benedict 式は対象となる年齢に制限があり,日本人にもとづいたデータではないため,過剰栄養となる可能性も示唆されている.また,係数を体重に求める方法は,複雑な病態下においては臨床応用が困難である.そのなかで実測値としてもっとも推奨されている方法が間接熱量測定である.
 本稿では,間接熱量測定の理論,実際の測定法,臨床に応用する際のポイントについて解説する.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために 間接熱量測定のコツ 栗原美香,佐々木雅也
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
薬物−飲食物相互作用
「臨床栄養」別冊 JCNセレクト7 薬物−飲食物相互作用 的確な栄養療法のために
雨海照祥 責任編集/井上善文・佐々木雅也 監修

定価 2,640円(本体 2,400円+税10%)B5判 156頁 2012年10月発行
注文コード:746230


●まず,薬物-飲食物相互作用とは何かの概要を解 説し,食品が医薬品の効果に影響を与える場合の相互作用......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.