医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.750-755
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
各種病態患者に対する栄養投与量の決定――Longの式に明確な根拠・妥当性はあるか?
和洋女子大学大学院 総合生活研究科/千葉県済生会習志野病院 外科
櫻井洋一
和洋女子大学大学院 総合生活研究科
長谷川由美
キーワード  安静時熱量消費量(REE),総エネルギー消費量(TEE),ストレス係数,栄養投与量,たんぱく投与量
はじめに  
 適切な栄養管理を行ううえで,適切な栄養投与量を決定することは栄養状態の改善や良好な栄養状態の維持にもっとも重要である.とくに各種病態下の患者ではエネルギー基質代謝や総エネルギー消費量(total energy expenditure:TEE)が病態に応じて大きく異なっており,TEE に見合ったエネルギー投与を行わないと蛋白異化亢進や栄養状態の悪化をきたし,臨床的アウトカムも低下するとされる.したがって,異なった病態下ではストレスレベルが大きく異なるため,TEE を算出する際には安静時熱量消費量(resting energy expenditure:REE)から推定することが困難な場合も多い.Long らは,異なった病態下の患者のTEE を推定するために,各種病態患者のストレスの程度に応じたTEE を推定するためのストレス係数(stress factor:SF)を考案し,REE から推定する方法を提唱した.
 本稿では,各種病態下患者のTEE の推定法とそれにもとづいた栄養投与量の決定方法について述べる.とくにLong らによるTEE 推定のためのいわゆる「Long の式」と,SF の妥当性とこれらにもとづいた至適な栄養投与量をどのように決定するかについても言及する.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために 各種病態患者に対する栄養投与量の決定――Longの式に明確な根拠・妥当性はあるか? 櫻井洋一,長谷川由美
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
在宅静脈経腸栄養 今日の進歩
「臨床栄養」別冊 JCNセレクト8 在宅静脈経腸栄養 今日の進歩
福澤正洋 監修/櫻井洋一 編

定価 3,960円(本体 3,600円+税10%)B5判 228頁 2013年8月発行
注文コード:746250


●「臨床栄養」別冊JCNセレクトシリーズ第8弾.在宅医療の必要性がますます高まっており,静脈栄養・経腸......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.