医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.745-749
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
Harris-Benedict式を使用する際に注意すべきことは?
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所/国立健康・栄養研究所 基礎栄養研究部
田中茂穂
キーワード  基礎代謝量,Harris-Benedict 式,間接熱量測定,推定誤差
はじめに  
 基礎代謝量の推定式のうち,とくに有疾患者のエネルギー管理に用いられることが多いのが,Harris-Benedict 式である.これを用いて推定した基礎代謝量に活動係数や傷害(ストレス)係数を乗じてエネルギー必要量を求める方法がしばしば用いられる.国際的な栄養療法のガイドラインであるAmerican Society for Parenteral and Enteral Nutrition(A.S.P.E.N.)ガイドラインにおいても,間接熱量測定とともに,Harris-Benedict 式による推定が有用であるとされている.しかし,Harris-Benedict 式の歴史的な意義や,健康でおもに非肥満者を対象にしている点など,十分に理解されて使用されているとはいいがたい.そこで本稿では,Harris-Benedict 式が生まれた時代背景から作成の経緯,その後の妥当性に関する検証結果について紹介する.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために Harris-Benedict式を使用する際に注意すべきことは? 田中茂穂
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
栄養学実践用語集
管理栄養士養成課程におけるモデルコアカリキュラム準拠 栄養学実践用語集
特定非営利活動法人日本栄養改善学会 監修/木戸康博 編集代表

定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)B6判 304頁 2014年8月発行
注文コード:709920
ISBN978-4-263-70992-4

●日本栄養改善学会監修の実践型用語集刊行!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.