医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.123 No.4 > 論文詳細
123巻4号 2013年9月25日 p.542-546
 スキルアップ外来栄養食事指導  
(1)Prader-Willi症候群
大阪府立母子保健総合医療センター栄養管理室
西本裕紀子
キーワード  精神発達遅滞,食欲亢進,包括的ケア,食事のルール,肥満予防
疾患の特徴  
 Prader-Willi 症候群(PWS)は,新生児期の筋緊張低下と,その後の視床下部下垂体系の異常による食欲亢進,肥満,低身長,性腺発育不全,および精神発達遅滞などを主徴とする先天性染色体異常症候群である.15 番染色体の一部の遺伝子機能不足が原因で発症し,出生児10,000 〜15,000人に1 人の割合でみられる.治療の基本は,早期発見により肥満発症および肥満による合併症を予防し,精神発達遅滞や性格的特徴を熟慮した療育をしていくことであり,包括的なアプローチが必要である.肥満の予防・治療にはヒト成長ホルモン治療が有効であるが,実施にあたり一定の基準があるため全例施行は困難である.食欲のコントロールが困難な知的発達遅滞をともなうPWS 児においても,幼少期から適切な栄養指導を継続することにより適量の食事をおいしく食べて「ごちそうさま」ができるように習慣づけることが可能であり,それが肥満予防に有用となる.……(雑誌本文は続きます)
 スキルアップ外来栄養食事指導 (1)Prader-Willi症候群 西本裕紀子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
スキルアップ外来栄養食事指導
123巻4号 2013年9月25日
月刊(B5判,208頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740830
雑誌コード:09320-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
はじめてとりくむ小児の栄養ケア
「臨床栄養」別冊 はじめてとりくむ小児の栄養ケア 病態別栄養食事指導ケースブック
位田忍・西本裕紀子 編

定価 4,180円(本体 3,800円+税10%)B5判 296頁 2020年8月発行
注文コード:746480


●管理栄養士が行う小児の栄養ケアについて,病態別の栄養食事指導をわかりやすく解説!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.