医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.123 No.4 > 論文詳細
123巻4号 2013年9月25日 p.570-571
 スキルアップ外来栄養食事指導  
緩和ケア(家族への栄養指導)
国立がん研究センター東病院栄養管理室
落合由美
キーワード  外来栄養食事指導,家族,緩和ケア,終末期癌,全人的介入
緩和ケアとは  
 従来,緩和ケアは,「看取りの医療」ととられがちでしたが,現在では終末期のみならず,癌などの疾患を診断された早期から苦痛症状に対し行われることが重要とされています.
 WHO( 世界保健機関) は,2002 年に緩和ケアを以下のように定義しています.
 「緩和ケアとは,生命を脅かす疾患に伴う問題に直面する患者と家族に対し,疼痛や身体的,心理社会的,スピリチュアルな問題を早期から正確にアセスメントし解決することにより,苦痛の予防と軽減を図り,生活の質(QOL)を向上させるためのアプローチである」.
 いずれの疾患・病期でも同様ではありますが,とくに緩和的医療が中心となる終末期癌患者に対する介入においては,栄養ケアのみならず,本定義を十分踏まえたうえでの全人的介入を念頭に置いて実施にあたるべきでしょう.癌終末期においては,悪性腫瘍の進行にともない,疼痛,呼吸器症状,消化器症状,倦怠感,せん妄,不眠,精神的苦痛などの症状が複合的に生じるため,患者はもちろんのこと,それを目の当たりにする介護者の苦痛をも増大させます.この患者や家族が直面するさまざまな問題に対し,援助する医療を「緩和ケア」といいます.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
スキルアップ外来栄養食事指導
123巻4号 2013年9月25日
月刊(B5判,208頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740830
雑誌コード:09320-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.