医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.123 No.4 > 論文詳細
123巻4号 2013年9月25日 p.529-534
 スキルアップ外来栄養食事指導  
11)炎症性腸疾患
札幌厚生病院 栄養科
出村富美恵
キーワード  炎症性腸疾患(IBD),クローン病(CD),潰瘍性大腸炎(UC),成分栄養剤(ED),栄養療法スライド方式
疾患の特徴  
 症状や合併症が類似しているクローン病(CD)と潰瘍性大腸炎(UC)を,1 つの疾患としてまとめて炎症性腸疾患(IBD)とよぶ.一般的に下痢,発熱,腹痛,出血などの症状を引き起こし,その結果,体重減少や食欲不振が認められる原因不明の疾患で,両疾患とも慢性的に経過する.近年では,薬物療法の進歩や栄養療法により,炎症を軽減し症状を抑えることも可能になってきたが,再燃を繰り返し,根本的な治療法が確立されていない.……(雑誌本文は続きます)
 スキルアップ外来栄養食事指導 11)炎症性腸疾患 出村富美恵
本論文を購入 特集TOPへ戻る
スキルアップ外来栄養食事指導
123巻4号 2013年9月25日
月刊(B5判,208頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740830
雑誌コード:09320-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.