医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.123 No.4 > 論文詳細
123巻4号 2013年9月25日 p.515-521
 スキルアップ外来栄養食事指導  
9)消化器癌
千葉県がんセンター栄養科・NST
佐々木良枝,河津絢子
千葉県がんセンター消化器外科・NST
鍋谷圭宏
キーワード  個人差,自己管理能力,体重減少,手術と抗がん剤治療
疾患の特徴  
 消化器癌には,食道癌,胃癌,膵癌,肝癌,胆嚢癌,大腸癌などがあるが,多くの場合,手術が治療の第一選択である.摂食・嚥下,消化・吸収を担う消化管の切除後は手術による侵襲,吻合部の影響,切除した臓器の機能低下,消化吸収能の変化から,逆流,胸やけ,吐き気,腹痛,早期腹満,つかえ感,もたれ感,胃部膨満感,下痢,便秘,ダンピングなどさまざまな症状が起こりやすくなる.
 したがって,消化器癌術後の栄養食事指導では,術後起きやすいこれらの後遺障害をうまくコントロールし,食事をおいしく食べられるようにすることが目標となる.このことは患者のQOL向上に役立つとともに栄養状態低下の引き金となる体重減少を少しでも防止することにつながり,消化器癌治療の成否にも影響する.……(雑誌本文は続きます)
 スキルアップ外来栄養食事指導 9)消化器癌 佐々木良枝・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
スキルアップ外来栄養食事指導
123巻4号 2013年9月25日
月刊(B5判,208頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740830
雑誌コード:09320-09
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.