医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.120 No.6 > 論文詳細
120巻6号 2012年5月25日 p.760-764
 腸管と免疫・栄養−腸内細菌から疾患を理解する  
ALD,NASH
三重大学大学院 消化器内科学
岩佐元雄,竹井謙之
キーワード  腸内細菌,ALD,NASH
 
 アルコール性肝障害(alcoholic liver disease, ALD),とくにアルコール性肝炎においては,エタノールが腸管透過性を亢進させ,腸内細菌由来のエンドトキシン(lipopolysaccharide:LPS)がKupffer 細胞を活性化し,過剰産生された炎症性サイトカインが肝細胞壊死やアポトーシス,線維化を引き起こす.いっぽう,non-alcoholic steatohepatitis(NASH)においても,腸内細菌の過剰増殖がインスリン抵抗性を惹起し,内因性エタノールを産生,コリン代謝障害をきたして,NASH の発症,進展に関与している.さらに,ALD,NASH の共通基盤には,LPS による自然免疫機構の慢性的な活性化が認められる.ALD,NASH の病態形成には腸内細菌の異常,自然免疫の破綻が関与しており,これらを制御することによりALD,NASH の発症を抑制し,病変を改善できる可能性がある.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
腸管と免疫・栄養
120巻6号 2012年5月25日
月刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,600円
注文コード:740800
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
肝疾患エキスパートブック
「臨床栄養」臨時増刊号139巻4号 肝疾患エキスパートブック 栄養管理に活かすための最新情報
岩佐元雄 企画

定価 3,190円(本体 2,900円+税10%)B5判 208頁 2021年9月発行
注文コード:740990


●肝疾患の栄養管理に必須となる最新情報をこれ一冊で網羅!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.