医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.117 No.4 > 論文詳細
117巻4号 2010年9月10日 p.484-488
 がんの栄養管理UPDATE  
疫学予防評価はどこまで進んだか
国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
津金昌一郎
キーワード  食物・栄養,がん予防,エビデンス,疫学
はじめに  
 食べものや栄養と病気との関係についての情報は,さまざまなメディアを通じて毎日のように流されている.そのなかには,科学的研究に基づく情報もあれば,そうでないものもある.そこで扱われる食べものとしては,特定の料理から野菜や肉などの食品群,にんじんや牛肉などの食品,カロテンや脂質などの食品成分などいくつもあり,病気としては,胃や乳房のがん,脳卒中,心筋梗塞,糖尿病,骨粗鬆症など,やはりいくつもある.その組み合わせは無数にあるので話題には事欠かない.そのような情報のすべてを真に受ける価値があるのかといえば,残念ながらそれはありえないことであり,われわれの食生活のなかに取り入れてみる価値があるか否かの正しい判断が必要になる.ましてや,人生の楽しみの1 つとして,自分なりの嗜好に基づいて築きあげられた個人の食習慣・食文化に対して,食習慣改善や栄養改善と称して介入する以上は,その見返りとして,がん予防に限らず,確かな健康維持・増進への効果が保証されるべきである.
 本稿においては,「食べもの・栄養とがん」との関連において,現状において因果関係が確かであるもの,すなわち,がん予防のために実践する価値があるとされているものについて紹介する.……(雑誌本文は続きます)
 がんの栄養管理UPDATE 疫学予防評価はどこまで進んだか 津金昌一郎
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
がんの栄養管理UPDATE
117巻4号 2010年9月10日
月刊(B5判,176頁)
定価 2,750円(本体 2,500円+税10%)
注文コード:740770
雑誌コード:09320-09
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.