医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.117 No.4 > 論文詳細
117巻4号 2010年9月10日 p.352-356
 がんの栄養管理UPDATE  
食道術後の栄養サポートと指導の現状
国立病院機構西群馬病院 栄養管理室
杉山真規子
キーワード  身体侵襲,術後回復・適応,チームサポート,自己管理援助,社会復帰
はじめに  
 食道癌術後の栄養サポート・指導では,広範囲で複雑な手術による身体侵襲からの栄養状態回復,手術により生じる吻合部や失われる食道をはじめとした消化管機能への適応に重点が置かれる.
 そのなかで,われわれ管理栄養士が担う役割は,適応した食べ方,食物形態,効果的な栄養量確保の方法を個人に沿った内容でサポート・指導を行い,術後の回復・社会復帰を栄養状態面,食生活面から行っていくことである.しかしそれには,摂食という行為を支える主要器官そのものの手術であり,嚥下にかかわる気道への影響が大きい手術方法であるがゆえに,退院時の一時的なかかわりでは効果的に行うことはむずかしい.周術期から退院後外来診察まで,治療過程と経過を実際に理解し,積極的にかかわり,主治医・看護師をはじめとした治療にかかわるスタッフと情報共有を行い,チームにてサポート計画を立て実践していくことが不可欠であると実感している.……(雑誌本文は続きます)
 がんの栄養管理UPDATE 食道術後の栄養サポートと指導の現状 杉山真規子
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
がんの栄養管理UPDATE
117巻4号 2010年9月10日
月刊(B5判,176頁)
定価 2,750円(本体 2,500円+税10%)
注文コード:740770
雑誌コード:09320-09
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.