医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.116 No.6 > 論文詳細
116巻6号 2010年5月25日 p.736-740
 NASH/NAFLDのすべて 成因から栄養療法まで  
NASH/NAFLDと地域連携
愛媛大学大学院 医学系研究科 先端病態制御内科
古川慎哉,恩地森一
キーワード  地域連携,NASH,NAFLD
特集にあたって  
 わが国において種々の疾患で地域医療連携が行われている.なかでも保険点数が加算された脳卒中や大腿骨頭骨折などの疾患は全国の各医療圏で積極的に取り組まれている.地域の実情にあった連携パスが作成されて,基幹病院と療養型施設,診療所が一体となり体制整備がすすめられている.連携が必要な疾病は,発生頻度が高いことと同時に専門的な治療が必要な疾患で,単施設のみですべてがカバーできないものが多い.肝疾患のなかではC 型肝炎に対する診断治療の連携が行われている.今後,生活習慣病の増加にともない,NASH/NAFLD の増加が推定されている.NAFLD を積極的に治療介入し,同時にNASHを囲い込み,効率的な診断治療を可能とする地域医療連携が求められている.……(雑誌本文は続きます)
 NASH/NAFLDのすべて 成因から栄養療法まで NASH/NAFLDと地域連携 古川慎哉,恩地森一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
NASH/NAFLDのすべて
116巻6号 2010年5月25日
月刊(B5判,200頁)
発行時参考価格 2,500円
注文コード:740760
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.