医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.112 No.6 > 論文詳細
112巻6号 2008年5月20日 p.682-688
 褥瘡ケアUPDATE  
DESIGNを用いた治療法
滋賀医科大学皮膚科
立花隆夫
キーワード  褥瘡,DESIGN,局所治療ガイドライン,wound bed preparation,moist wound healing
はじめに  
 褥瘡の適切な管理と治療を行うためには,創の状態を正しく評価する必要がある.そのための創部アセスメントツールとして,日本褥瘡学会は2002年に創の深さ(D),滲出液(E),大きさ(S),炎症/感染(I),肉芽形成(G),壊死組織(N),ポケット(P)の7項目で評価するDESIGN を提唱した.また,2005年にはDESIGN に準拠し,かつ,科学的根拠に基づいた褥瘡局所治療ガイドラインを公表した.それにともない,褥瘡の管理と治療もこれまでの経験と勘に頼る時代からEBM を組み入れた時代になってきている.
 本稿では局所治療ガイドラインに沿った褥瘡の治療法を概説するが,本ガイドラインの目標は,褥瘡の局所管理・治療における臨床決断を支援するための推奨をエビデンスに基づき系統的に示すことで,その質を向上させることである.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
褥瘡ケアUPDATE
112巻6号 2008年5月20日
月刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:740720
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.