医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
208巻5号 2004年1月31日
第5土曜特集分子標的薬
目 次
2004/1/31 医学のあゆみ Vol.208 No.5 第5土曜特集 分子標的薬 目次
企画 週刊「医学のあゆみ」編集委員会
 はじめに 山本一彦
癌・白血病
 乳癌に対するトラスツズマブ治療の位置づけ−乳癌に対する分子標的治療の進歩 山城大泰・戸井雅和
 慢性骨髄性白血病に対する分子標的治療−イマチニブを用いたあらたな治療法 薄井紀子
 CD20を標的とした抗体療法−Rituximab,ibritumomab,tositumomabを用いた悪性リンパ腫の治療 伊豆津宏二
 ヒストン脱アセチル化酵素を標的とした白血病の分子治療 小杉浩史
 急性前骨髄性白血病の分化誘導療法−新規薬の展望 小野孝明・竹下明裕
内分泌
 選択的アルドステロンブロッカー,エプレレノン 武田仁勇
 カルシウム受容体作動薬(calcimimetics)−無機イオン受容体を標的とした副甲状腺機能亢進症治療薬 永野伸郎・和田倫斉
 成長ホルモン受容体拮抗薬−先端巨大症の新しい治療薬 千原和夫
 甲状腺ホルモン受容体アゴニストの治療薬としての開発−高脂血症治療への応用 市川和夫
代謝
 肥満・糖尿病の新しい治療アプローチ−GIP受容体は肥満・糖尿病の分子治療標的になるか 城森孝仁
 PPAR(γ,α,δ)を標的とした生活習慣病の分子治療 山内敏正・門脇 孝
 AMPキナーゼ活性化薬−脂質燃焼を促進する新規インスリン抵抗性改善薬 野口哲也・春日雅人
 β3アドレナリン受容体を標的とした肥満の分子治療 吉田俊秀
 LXRを標的とした動脈硬化の分子治療 島野 仁
免疫
 IL-6を標的とした関節リウマチ,Castleman病などの分子治療 西本憲弘
 TNFを標的分子とした慢性炎症性疾患の治療−抗TNF生物製剤による関節リウマチの寛解導入 亀田秀人・竹内 勤
 RANKLを標的とした骨粗鬆症の分子治療 田中 栄
 CD20を標的としたSLEなどの自己免疫疾患の分子治療 田中良哉
 補助刺激分子を標的とした分子治療 田中香衣・東 みゆき
 NF-κBなど細胞内シグナル伝達分子を標的とした免疫疾患の分子治療 沢田哲治
感染症
 ノイラミニダーゼを標的にしたインフルエンザの分子治療 藤原将寿・木下美弥
循環器
 筋小胞体を標的とした心不全治療 小田哲郎・他
 エンドセリン受容体を標的とした心不全・肺高血圧治療 宮内 卓
 Na+/Ca2+交換体を標的とした虚血治療の新展開−NCX阻害薬の展望 岩本隆宏
 ATP感受性K+チャネルを標的とした虚血・冠攣縮治療−心血管KATPチャネル 中谷晴昭
 第Xa因子を標的とした血栓療法 丸山征郎
 内皮前駆細胞を応用した血管再生療法
−基礎医学から臨床医学への橋かけ 宮崎幸造・浅原孝之
呼吸器
 EGF受容体やPDGF受容体を標的とした肺線維症治療 石井芳樹
 TGF-β/Smad分子を標的とした肺疾患の治療 中尾篤人
消化器
 ぺグ・インターフェロン製剤による肝炎の治療−より効果的でQOL改善をめざす肝炎治療 泉 並木
 リバビリンによるC型肝炎ウイルス病態制御−その基礎と臨床 坂本直哉・榎本信幸
 TGF-βを標的にした肝硬変の病態制御 上野 光・今村道雄
 プロトンポンプを標的とした胃粘膜病態制御 島田忠人・平石秀幸
 活性酸素を標的とした炎症性腸疾患の病態制御−新展開のガス状メディエーターを中心に 内藤裕二・吉川敏一
 Gastrointestinal stromal tumor(GIST)の診断と治療 西田俊朗

神経
 βおよびγセクレターゼを標的としたAlzheimer病の分子治療 西村正樹
 ナチュラルキラーT細胞を標的とした多発性硬化症の糖脂質治療−多発性硬化症の糖脂質療法 三宅幸子
 アンドロゲン受容体を標的とした球脊髄性筋萎縮症の治療法開発 足立弘明・他
 血液−脳関門を標的としたAlzheimer病の分子治療 松岡康治
 プリオン蛋白高次構造を標的としたプリオン病の分子治療 山田正仁
 ROCKインヒビター−神経再生ならびに神経変性防止におけるあらたな創薬標的 尾藤晴彦

■サイドメモ
 マウスモノクローナル抗体のヒト化
 CMLに対する薬物治療の効果判定基準
 RA症候群
 RALESスタデイ
 カルシウム受容体アンタゴニスト(calcilytics)
 甲状腺ホルモン拮抗薬
 AMPキナーゼキナーゼの正体
 褐色脂肪組織
 抗TNF−α療法の適応と効果判定
 MH/CCDとARVD/PVT
 心筋組織におけるKir6.1の病態生理的役割
 血管新生薬物療法
 HCV動態(ダイナミクス)
 近未来のC型肝炎治療
 RIP(regulated intramembrane proteolysis)
 アンドロゲン
 下位運動ニューロン徴候と全感覚障害,深部感覚障害
分子標的薬
208巻5号 2004年1月31日
週刊(B5判,238頁)
発行時参考価格 4,800円
注文コード:282910
雑誌コード:20475-1/31
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.