医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ234巻5号 > 論文詳細
サイトカインと疾患あらたな病態モデルから治療へ
234巻5号 2010年7月31日 p.372-378
第5土曜特集 サイトカインと疾患――新たな病態モデルから治療へ 核内IκB蛋白質IκB-ζを介したサイトカイン産生制御 牟田達史
サマリー   活性化した免疫担当細胞は,さまざまなサイトカインを産生し,周囲の細胞の活性や分化の方向を決定する.転写因子 nuclear factor(NF)−κB は,サイトカインを含めた多くの炎症関連遺伝子発現の原動力として機能するが,炎症応答のみならず,多彩な生物機能を担う多機能転写因子である NF−κB を介した選択的遺伝子発現機構については,不明な点が多く残されている.IκB−ζは刺激に応じて発現誘導され,核内で NF−κB と結合する核内 IκB 蛋白質である.最近の解析により,この蛋白質が NF−κB の標的を制御し,特異的なサイトカイン産生に必須の役割を果たすことが明らかになった.すなわち,炎症応答ではすばやく NF−κB を活性化し,迅速な遺伝子発現を可能にするとともに,刺激に応じて特異的に発現する IκB−ζのような転写制御因子を介して的確な選択的遺伝子発現を誘導する多段階転写制御機構の実態が明らかになりつつある.
キーワード  IκB−ζ, NF−κB, Toll−like receptor, Tumor necrosis factor−α, interleukin−6
第5土曜特集 サイトカインと疾患――新たな病態モデルから治療へ 核内IκB蛋白質IκB-ζを介したサイトカイン産生制御 牟田達史
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
サイトカインと疾患
234巻5号 2010年7月31日
週刊(B5判,308頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286260
雑誌コード:20475-7/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.