医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻5号 > 論文詳細
心不全研究と臨床の最前線
232巻5号 2010年1月30日 p.370-377
第5土曜特集 心不全──研究と臨床の新時代 心不全における心臓交感神経異常――交感神経の可塑性と新しい病態生理 金澤英明・福田恵一
サマリー   心不全の原因疾患は,高血圧,心臓弁膜症,虚血性心疾患,心筋症など多岐にわたり,その病態生理も複雑である.そのなかでも心臓交感神経の関与がきわめて重要であることは,これまでの研究,臨床で明らかとされているが,心不全における心臓交感神経異常の詳細なメカニズムや意義については明確な結論が出ていないのが現状である.心不全では心筋細胞における胎児型遺伝子の発現が認められるが,著者らは心臓交感神経においても幼若化と称される現象が起こること,さらには心臓から分泌されるサイトカインを介して心臓交感神経の機能転換が生じることを明らかにしてきた.これらの現象は心不全における心臓交感神経異常の病態解明の一端を担うものと考えられ,再生医療を含めた心臓病のあらたな治療の標的となる可能性がある.
キーワード  心不全,心臓交感神経,サイトカイン,幼若化,cholinergic differentiation
第5土曜特集 心不全──研究と臨床の新時代 心不全における心臓交感神経異常――交感神経の可塑性と新しい病態生理 金澤英明・福田恵一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
心不全
232巻5号 2010年1月30日
週刊(B5判,348頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286240
雑誌コード:20475-1/30
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.