医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ232巻5号 > 論文詳細
心不全研究と臨床の最前線
232巻5号 2010年1月30日 p.299-306
第5土曜特集 心不全──研究と臨床の新時代 心不全研究の歴史的変遷――Harveyから再生医学まで,400年の沿革 篠山重威
サマリー   近代循環器学は 17 世紀になって,William Harvey が血液循環と心臓の機能をはじめて明らかにしたことからはじまった.18 世紀になると解剖学が発展し,不全心の形態と病状との関係が注目され,負荷による心肥大の発生と心不全病態の解明が心不全研究の大きなテーマとなった.19 世紀には生理学が大きな飛躍を遂げ,心機能を調節する古典的な法則が確立された.20 世紀になると心血管系の調節にかかわる体液因子の研究が盛んに行われるようになった.特に心臓の挙動の神経性調節,交感神経系の心不全病態への関与,レニン−アンジオテンテンシン系の発見と心血管系疾患のかかわりなど,現在の心不全の概念の根底をなす研究が続々と行われた.それらに基づいて,新しい心不全治療薬の開発が続いた.20 世紀終りは特に学問の潮流が生理学から生物学にシフトしていった時代であり,分子レベルにおける心不全の機序が解明されてきた.そして 21世紀になって,新しい心不全再生医学の扉が開かれようとしている.
キーワード  血液循環,心肥大,神経体液因子,心筋エナジェティクス,再生医学
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
心不全
232巻5号 2010年1月30日
週刊(B5判,348頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286240
雑誌コード:20475-1/30
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.