医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ230巻9号 > 論文詳細
最新・自己免疫疾患Update研究と治療の最前線
230巻9号 2009年8月29日 p.777-785
第5土曜特集 最新・自己免疫疾患Update――研究と治療の最前線 自己免疫疾患に対する粘膜誘導型免疫寛容療法 徳原大介・他
サマリー   粘膜免疫システムは外部環境と体内環境の境界として,共生微生物,病原微生物,食物抗原,アレルゲンなどを含む多種多様な異種抗原の識別を行う.この結果,生体にとって不利益な病原微生物やアレルゲンに対しては,粘膜系 IgA 抗体や上皮細胞間リンパ球による細胞性免疫などの積極的免疫応答を誘導してその排除を試みる.一方,生体の生命維持に必要な抗原(例:共生細菌,食物抗原)に対しては消極的免疫誘導機構を発動し,寛容・無視・無応答などの免疫学的恒常性を確立するとともにその維持を図っている.このように相反する免疫応答を巧みに誘導制御する場として粘膜免疫システムは生体の恒常性に必要不可欠である.粘膜免疫システムにおける免疫寛容の誘導制御が,自己免疫疾患に対する予防・治療への新しい取組みとして 1980 年代から注目され,その応用性をはかる理論的・技術基盤の確立が進められてきた.しかし,その臨床現場への応用については残念ながら達成できていない.経口あるいは経鼻的に抗原を投与し免疫寛容を誘導する方法は,ステロイドなどの免疫抑制剤を中心とした従来の治療よりも,全身系の副作用が少なく安全で簡便な方法として臨床への応用が期待されていることも事実である.一方,自己免疫性疾患の発症や増悪に密接に関与している Th17 細胞が同定され,その細胞が腸管の粘膜固有層に多く存在することが明らかとなり,粘膜系におけるTh17 細胞の誘導制御機構の解明が活発に進んでいる.その解明は自己免疫疾患治療への新しいアプローチとして注目されており,その具現化に向けた研究が精力的に進められている.
キーワード  粘膜免疫,経口免疫寛容,経鼻免疫寛容,粘膜誘導型免疫寛容療法,自己免疫性疾患,多発性硬化症,1型糖尿病,関節炎,制御性T細胞,active suppression,clonal anergy,clonal deletion,IL−10,TGF−β,Th17
第5土曜特集 最新・自己免疫疾患Update――研究と治療の最前線 自己免疫疾患に対する粘膜誘導型免疫寛容療法 徳原大介・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
最新・自己免疫疾患Update
230巻9号 2009年8月29日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286220
雑誌コード:20475-8/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.