医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ230巻9号 > 論文詳細
最新・自己免疫疾患Update研究と治療の最前線
230巻9号 2009年8月29日 p.746-749
第5土曜特集 最新・自己免疫疾患Update――研究と治療の最前線 血管炎症候群 山田秀裕・尾崎承一
サマリー   近年,免疫系における炎症関連分子を標的とした生物学的製剤が開発され,関節炎の治療体系は革新的進歩を遂げている.その臨床経験の蓄積と血管炎の病態解明の進歩に伴い,難治性血管炎の治療に生物学的製剤が試みられるようになった.とくに,標準的治療法に抵抗性を示す ANCA 関連血管炎に対して有効な治療法となりうる.また,生物製剤の使用により,逆に血管炎の病態に対するわれわれの理解を深める効果もある.しかし,血管炎の治療における TNF 阻害薬や抗 CD20 モノクローナル抗体のエビデンスはいまだ乏しい.したがってこれらの製剤の使用は,適切に計画された臨床試験において十分な注意を払って使用すべきであり,とくに有害事象に関する慎重な対応が必要である.
キーワード  血管炎症候群,ANCA関連血管炎,高安病,抗TNF−α抗体,リツキシマブ
本論文を購入 特集TOPへ戻る
最新・自己免疫疾患Update
230巻9号 2009年8月29日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286220
雑誌コード:20475-8/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.