医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.529-532
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 骨粗鬆症とRAS 中神啓徳・森下竜一
サマリー   高血圧患者では尿中カルシウム排泄量が増加し,続発性副甲状腺ホルモン亢進による骨量減少による骨粗鬆症を助長することが知られている.著者らはこの機序とは別に,アンジオテンシンIIが直接破骨細胞の活性化を促して高回転型の骨粗鬆症を促進させることを見出し,ARB が骨粗鬆症抑制作用を有することを明らかにした.また,レプチンの破骨細胞の活性化作用に対しては,降圧薬のβ遮断薬が抑制的に働くこと,高脂血症治療薬のスタチン製剤が骨粗鬆症抑制作用を有することなど,生活習慣病と骨粗鬆症との関連は今後注目される.
キーワード  高血圧,骨粗鬆症,アンジオテンシンII,サイアザイド系利尿薬,エストロゲン
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 骨粗鬆症とRAS 中神啓徳・森下竜一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.