医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.517-521
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 腫瘍進展におけるRASの役割とその阻害薬による新しい癌治療 井箟一彦・吉川史隆
サマリー   レニン−アンジオテンシン系(RAS)における主要作動性ペプチドであるアンジオテンシンIIは,その血管収縮作用を介して心血管系や腎のホメオスタシスを調節するのみならず,血管平滑筋や心筋をはじめとする種々の細胞において細胞増殖を促進し,growth factor としての機能も有する.最近の研究においてさまざまな腫瘍組織における RAS の活性化が報告され,腫瘍局所内でアンジオテンシン変換酵素によりアンジオテンシンIIが産生されること,および腫瘍細胞や腫瘍内血管においてアンジオテンシンIIタイプ 1 受容体(AT1)の発現が亢進していることが判明した.同時に,アンジオテンシンIIが AT1受容体を介して腫瘍細胞の増殖・浸潤を促進することや,いくつかの担癌動物モデルにおいてアンジオテンシンII−AT1受容体システムが腫瘍の増殖・転移・血管新生に関与することが報告された.したがって,ヒト癌における局所 RAS の機能的役割のさらなる解明と,これを標的とした新しい癌治療へのアプローチが注目されている.
キーワード  腫瘍増殖,血管新生,アンジオテンシンII,AT1受容体,ARB
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.