医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.513-516
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 受精担当分子としてのアンジオテンシン変換酵素──GPIアンカー型蛋白質遊離機能との相関 近藤玄
サマリー   ACE には,血圧調節をつかさどる体細胞型(sACE)と,雄性生殖細胞でのみ発現している精巣型(tACE)の2 つのアイソフォームがある.ACE ノックアウトマウスでは,循環器系の異常に加えて雄マウスで生殖能低下がみられる.これは精子の子宮−卵管移行能および卵透明帯との結合能の低下による.この症状は tACE の再導入で回復するが,sACE では回復しないことから,tACE には精巣内または精子において特有の機能・基質があり,受精において重要な役割を担っていることがうかがわれる.著者らは ACE には細胞膜蛋白質の一種である GPI アンカー型蛋白質(GPI−AP)を細胞膜上から遊離する活性(GPIase 活性)があることを見出し,この活性が精子−透明帯結合に重要であることを示した.
キーワード  精巣型ACE,雄性不妊,精子−透明帯結合,GPIアンカー型蛋白質,遊離
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 受精担当分子としてのアンジオテンシン変換酵素──GPIアンカー型蛋白質遊離機能との相関 近藤玄
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.