医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.463-467
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて アルドステロンによる血管障害のメカニズム――酸化ストレスの視点から 吉本貴宣・平田結喜緒
サマリー   近年,心血管リスクホルモンとしてのアルドステロンの役割がクローズアップされてきた.臨床面では, @二次性高血圧症である原発性アルドステロン症の高血圧症に占める割合が予想外に高く(約 5〜10%),本態性高血圧症より臓器障害の程度がむしろ重篤であること, A アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)で治療しているにもかかわらず,血中アルドステロン濃度が再上昇する現象(“アルドステロンブレークスルー”)があること, B 各種心疾患におけるミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬の大規模臨床試験(RALES,EPHESUS)での,ACE 阻害薬や AngII受容体(AT1)阻害薬(ARB)による AngII作用の抑制に加え,MR 拮抗薬を追加すると心血管病変の進展防止や予後の改善に有用であること,などが明らかにされた.基礎研究でも, @ 各種高血圧モデル動物で MR 拮抗薬が心血管組織に作用して臓器保護作用を発揮すること, A アルドステロンの直接的な心血管作用機序に酸化ストレスが重要な役割を果たすこと,などが明らかとなってきた.本稿では,アルドステロンの心血管組織における酸化ストレス誘導機構とその病態生理学的意義を中心に,最近の知見を解説する.
キーワード  アルドステロン,ミネラルコルチコイド受容体,酸化ストレス
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて アルドステロンによる血管障害のメカニズム――酸化ストレスの視点から 吉本貴宣・平田結喜緒
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.