医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.446-451
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 骨髄RASの血管傷害後内膜増生における役割 山田浩之・松原弘明
サマリー   血管傷害後の新生内膜増生は血管修復過程における血管平滑筋細胞の過剰な増殖反応によるものと考えられるが,骨髄由来血管前駆細胞は血管傷害の程度に応じて傷害後内膜増生の病態に深く関与している.アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は血管傷害後の新生内膜増生を抑制することが動物実験において報告されているが,骨髄由来血管前駆細胞に対する作用については十分には明らかでない.最近,傷害血管に集積する平滑筋様血管前駆細胞が ARB 投与マウスで減少していることや,ARB 投与家兎より採取した末梢血単核球では平滑筋様細胞への形質転換が抑制されていることが報告された.著者らは,骨髄 AT1受容体が血管傷害後の血管前駆細胞の動態に及ぼす作用と新生内膜増生におけるその意義を,骨髄 AT1受容体欠損マウスを用いて明らかにした.冠動脈形成術後の再狭窄予防を目的としたあらたな治療戦略として発展することが期待される.
キーワード  血管傷害,血管前駆細胞,新生内膜増生,アンジオテンシンII,AT1受容体
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて 骨髄RASの血管傷害後内膜増生における役割 山田浩之・松原弘明
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.