医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.350-356
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて レニン・プロレニンの構造と機能──見えてきたプロレニンの生理機能 鈴木文昭
サマリー   ここ 10 年間でレニン−アンジオテンシン系の研究はあらたな方向へと展開しようとしている.不活性レニン前駆体,プロレニンの生理機能が明らかにされつつある.またあらたなレニン阻害剤が開発されたことなどは特記に値する.本稿では,これらの事項を理解するために,レニンおよびプロレニンの構造と機能について知っておく必要のある点を整理し,そのうえで最近の報告について概説する.まず, @ レニンはペプシンと同じアスパルチルプロテアーゼに分類されたこと, A レニンの立体構造の特徴, B レニン反応の至適 pH は 2 つあること, C レニンの基質特異性がきわめて高いこと, D レニン阻害剤の開発例として,最近注目を浴びているアリスキレンについて, E プロレニンの構造研究の現状, F プロレニン分子のプロセグメント領域の役割について, G(プロ)レニン受容体の発見と蛋白・蛋白相互作用によるプロレニンの活性化と今後の展望について紹介し,今後を展望した.
キーワード  レニン,プロレニン,(プロ)レニン受容体,蛋白・蛋白相互作用,非酵素的活性化
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて レニン・プロレニンの構造と機能──見えてきたプロレニンの生理機能 鈴木文昭
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.