医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.847-849
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 緩和医療における放射線治療の役割──とくに骨転移治療を中心として 西村哲夫
サマリー   がんの緩和治療において放射線治療は大きな役割を担っている.その目的は,患者のもつ症状に対して, @迅速な効果を期待する場合, A 長期的な効果を期待する場合, B 症状出現の予防,に分けられる.多くの場合,迅速な効果を期待して短期に照射を完了することが必要であるが,一方で長期的な効果を期待する場合や症状出現の予防を必要とする場合があり,緩和治療の多様性を理解する必要がある.治療を円滑に進め適切な結果を得るには,診療科間の密接な連携と多職種によるチーム医療の体制を整えることが重要である.近年の高精度放射線治療の進歩により,脊椎転移の再照射にみられるように従来は困難であった治療も可能となっている.
キーワード  放射線治療,症状緩和,予後予測,骨転移,チーム医療
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 緩和医療における放射線治療の役割──とくに骨転移治療を中心として 西村哲夫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.