医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.771-776
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 前立腺癌放射線治療における臓器位置の変化と治療計画 清水伸一
サマリー   精緻な CT 画像を元に三次元治療計画装置を駆使して行う体幹部定位放射線治療が広く行われるようになり,とりわけ最近では前立腺癌に対して強度変調放射線治療(IMRT)が開始されつつある.これらの治療においては,治療対象臓器(前立腺)および周囲に隣接または内含して存在し,治療による傷害をできるかぎり受けずに守られるべき臓器(直腸,膀胱,尿道)の空間位置の把握が重要である.臓器の存在位置をどのように認識し治療計画,線量分布に反映させるのかが局所の制御および副作用,後遺障害の頻度を左右する.前立腺は周囲をその容積や位置が容易に変動する臓器に囲まれ,その臓器自体が治療による副作用のリスクを負っている.このような臓器に対して位置精度を求める放射線治療を行う際に参考となる知見を紹介したい.
キーワード  強度変調放射線治療(IMRT),前立腺,位置精度,IGRT
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 前立腺癌放射線治療における臓器位置の変化と治療計画 清水伸一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.