医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.752-758
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 肝癌の粒子線治療 加藤博敏・安田茂雄
サマリー   広義の粒子線には電子線なども含まれるが,最近では最先端治療用放射線である陽子線と炭素イオン線(狭義の重粒子線)を総称して粒子線とよぶことが多い.肝癌も広義では原発性と転移性に分けられるが,本稿で扱うのは,わが国の原発性肝癌の 95%を占める肝細胞癌である.肝細胞癌に対する粒子線治療は,筑波大学陽子線医学利用研究センターが世界的先駆者であるが,より高い線量集中性と殺細胞効果を合わせもつことから,炭素イオン線治療に大きな期待が寄せられ,放射線医学総合研究所において大規模臨床試験が行われた.両者とも低い侵襲性と高い治療効果をもち,高コストであることを除けば,肝癌治療の最良の選択肢のひとつであることが明らかになった.同時性・異時性の多発をきたす肝細胞癌の特性を考えると,今後は他治療との連携をいっそう深め,粒子線治療施設数の増加を含めた環境整備を行い,集学的治療の一角を担える治療法として認知されることが目標と考えられる.
キーワード  肝細胞癌,陽子線治療,炭素イオン線治療,重粒子線治療,粒子線治療
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 肝癌の粒子線治療 加藤博敏・安田茂雄
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.