医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.734-738
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 乳癌に対する術後小線源治療 吉田謙
サマリー   乳癌における小線源治療は,まず組織内照射が非手術例の根治治療として開始され,温存手術時代の到来により,術後外照射の補助的役割(ブースト照射)として、そして近年より組織内照射単独療法(APBI:加速乳房部分照射)として確立されつつある.一般的には再発のリスクが低い症例を適応にすることが多い.温存術と同時に一期的にアプリケータを留置する方法(open implant)と温存術後の創部の治癒を確認してから二期的に留置する方法(closed implant)とがある,刺入方法には,他疾患では標準的な複数のアプリケータで標的を取り囲むように刺入する組織内照射と,1つのバルーン型のアプリケータを摘出腔に挿入するMammoSite®という方法がある.欧米における初期成績は良好で有害事象も許容範囲内であるが,わが国における経験は少なく,臨床データの蓄積が期待される.
キーワード  小線源治療,組織内照射,MammoSite®,APBI
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 乳癌に対する術後小線源治療 吉田謙
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.