医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.728-733
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 乳房温存手術後の加速乳房部分照射(APBI) 関口建次・他
サマリー   早期乳癌に対しては乳房温存手術により断端が陰性であることを確認後,全乳房照射 50 Gy に加えて 10Gy 程度を追加照射することが標準とされている.全乳房切除術に比べて整容性は保持できても,5〜6 週間の術後照射が働き盛りの女性患者には負担となっている.そこで,長くても数日間の照射で放射線治療を終える加速乳房部分照射(APBI)は魅力的である.しかし部分切除後の全乳房照射には 30 年以上の歴史があり,それに代わる APBI の実地応用には,臨床試験により同等性が証明されるまで慎重でなければならない.本稿ではAPBI について総説し,小線源を用いない術中照射および三次元原体照射について特徴を概説する.
キーワード  加速乳房部分照射(APBI),乳房温存療法,術中照射,三次元原体照射
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 乳房温存手術後の加速乳房部分照射(APBI) 関口建次・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.