医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.711-718
 脂質異常症UPDATE2013  
脂質輸送の視点から
自治医科大学 内科学講座内分泌代謝学部門
永島秀一,大須賀淳一,石橋 俊
キーワード  CETP,PLTP,MTP,sortilin,NPC1,NPC2,脂質転送,脂質輸送
はじめに  
 本稿では脂質転送蛋白として,コレステリルエステル転送蛋白(cholesteryl ester transferprotein:CETP),リン脂質転送蛋白(phospholipid transfer protein:PLTP),ミクロソームトリグリセライド転送蛋白(microsomal triglyceride transfer protein:MTP)を取り上げる.加えて,近年の脂質に関するgenome-wideassociation study(GWAS) により, 血中LDL コレステロールと強い相関を認める分子として同定され,その細胞内の脂質輸送能が注目されているsortilin,およびNieman-Pick 病C 型(NPC)の原因として同定されたNPC1 とNPC2 による細胞小器官内のコレステロール輸送機構について概説する.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.