医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.112 No.6 > 論文詳細
112巻6号 2008年5月20日 p.689-694
 褥瘡ケアUPDATE  
褥瘡と創部管理
金沢大学医薬保健研究域保健学系
大桑麻由美
NTT西日本金沢病院看護部
松井優子
キーワード  褥瘡好発部位,局所処置,アセスメント
発生部位と創部の特徴  
 褥瘡部の観察から,その褥瘡の発生要因を推測し,その要因を除去するケア計画を立案することが必要である.褥瘡の最大の要因は外力であるため,まずは褥瘡部の観察によってどこにどのような外力が加わっているかをアセスメントする.さらに褥瘡は湿潤要因や栄養要因が関連し,褥瘡の状態に影響を及ぼすことを念頭において褥瘡創部の管理に取り組む.ここでは褥瘡の部位・形状などの褥瘡の特徴から,アセスメントできる要因と対処を概説する.……(雑誌本文は続きます)
 褥瘡ケアUPDATE 褥瘡と創部管理 大桑麻由美,松井優子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
褥瘡ケアUPDATE
112巻6号 2008年5月20日
月刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:740720
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.