医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ269巻4号 > 論文詳細
ncRNAの医科学と医療II−機能性ncRNA
269巻4号 2019年4月27日 p.260-266
RNAサイレンシングの仕組み
サマリー   低分子干渉RNA(siRNA)やマイクロRNA(miRNA)といった小分子RNAは,相補的な配列を持つメッセンジャーRNA(mRNA)の機能を抑制する.この現象はRNAサイレンシングとよばれている.小分子RNAは単体では働かず,アルゴノート(Ago)蛋白質とともに機能的な複合体(RISC)を形成することによってはじめて機能する.RISCは,そのなかに含まれている小分子RNAと相補的なmRNAに結合し,そのmRNAを切断したり,あるいはその不安定化を引き起こしたり,翻訳を阻害したりする.本稿では,とくに小分子RNAとAgoがRISCを形成する過程を中心に,生化学的手法に加え,生物物理的な手法により明らかとなりつつあるRNAサイレンシングのメカニズムについて概説する.
キーワード  RNAサイレンシング,低分子干渉RNA(siRNA),アルゴノート(Ago)蛋白質,シャペロン
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
ncRNAの医科学と医療II
269巻4号 2019年4月27日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,404円(本体 1,300円+税8%)
注文コード:926904
雑誌コード:20474-4/27
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.