医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1191-1195
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する IgG サブクラス検査:IgG2, IgG3 野々山恵章
サマリー   IgGサブクラス検査はIgG2欠損症,IgG3欠損症などの原発性免疫不全症を疑う場合に測定する.疑う場合とは,細菌感染,とくに肺炎球菌やインフルエンザ桿菌に対して易感染性を呈し,中耳炎,気管支炎,肺炎を繰り返す,重症化する,抗生剤治療に対する反応が不良である場合である.IgGサブクラス欠損症では,総IgGが低下しないこともあり,また,小児期は生理的に低く年齢ごとに正常値があるため,診断には注意が必要である.
キーワード  IgGサブクラス,IgG2欠損症,IgG3欠損症
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する IgG サブクラス検査:IgG2, IgG3 野々山恵章
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.