医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1123-1128
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 糖尿病性腎症におけるバイオマーカー 細島康宏・斎藤亮彦
サマリー   糖尿病性腎症は透析導入の原因疾患の第1位を占め,その早期診断や重症度判定は重要な課題である.微量アルブミン尿は早期診断のマーカーとして世界的にコンセンサスを得ているが,さまざまな問題点も指摘されており,よりその病因や病態に基づいた新しいバイオマーカーの開発が求められている.そのようななかで現在,日本医療研究開発機構における難治性疾患等実用化研究事業(腎疾患実用化研究事業)において「糖尿病性腎症の進展予防にむけた病期分類・病理・バイオマーカーを統合した診断法の開発」として,腎症の評価に有用なバイオマーカー開発の基盤研究が進行している.今後,病因および病態を反映したバイオマーカー開発がなされれば,それに基づいた創薬など,有効な治療法の確立につながる可能性もあり,この分野におけるさらなる研究の進展が期待されている.本稿では腎症における既存のバイオマーカーだけでなく,近年,多くのあらたな報告がなされている尿細管障害性マーカーなどの検討も含めながら概説する.
キーワード  糖尿病性腎症,バイオマーカー,メガリン
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 糖尿病性腎症におけるバイオマーカー 細島康宏・斎藤亮彦
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.