医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1088-1092
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する ビタミンD不足・欠乏の診断──血清25(OH)D測定の意義 岡崎亮
サマリー   ビタミンDは,骨・ミネラル代謝の維持に必須のホルモンである.その作用低下は,くる病・骨軟化症,低カルシウム(Ca)血症,続発性副甲状腺機能亢進症,骨粗鬆症の原因となり,転倒・骨折のリスクである.ビタミンD作用低下のもっとも頻度の高い原因は,体内のビタミンD貯蔵量が減少したビタミンD不足・欠乏である.血中に存在する種々のビタミンD代謝物のうち,ビタミンD貯蔵を反映するのは血清25(OH)D濃度である.わが国の『ビタミンD不足・欠乏の判定指針』では,血清25(OH)D値30ng/mL以上をビタミンD充足,20〜30ng/mLをビタミンD不足,20ng/mL未満をビタミンD欠乏としている.血清25(OH)D値が低ければ,骨折リスクなどが高くなるだけでなく,骨粗鬆症治療薬に対する反応性低下をもたらす.したがって,骨粗鬆症,くる病・骨軟化症にとどまらず,原発性副甲状腺機能亢進症,CKD-MBDなど多くの骨・ミネラル代謝異常を伴う病態において,血清25(OH)D値評価の必要性が,国際的なガイドラインで示されている.
キーワード  ビタミンD,25(OH)D,PTH,くる病・骨軟化症,骨粗鬆症
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する ビタミンD不足・欠乏の診断──血清25(OH)D測定の意義 岡崎亮
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.