医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1063-1066
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 心不全のバイオマーカー:BNP, NT-proBNP 伊藤みゆき・他
サマリー   わが国では超高齢時代を迎え,年々増加する心不全患者への診療がわれわれの直面する課題となっている.B型(脳性)ナトリウムペプチド(BNP)とBNP前駆体N末端フラグメント(NT-proBNP)は心不全のバイオマーカーとして知られており,その簡便性や有用性から幅広く診療現場で用いられている.BNP,NT-proBNPは急性心不全の診断,慢性心不全の診断,心不全患者の予後予測指標や治療ガイドとしてもその有用性が示されており,さらには無症候性患者における心疾患スクリーニングや心血管イベント予測因子としても期待されている.一方で高齢者,腎機能障害,心房細動患者で高値を示し,肥満患者では低値を示すなど,注意すべき点もある.バイオマーカーとしての限界を理解しながら,今後の心不全診療における活用が望まれる.
キーワード  心不全,BNP,NT-proBNP
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.