医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1050-1054
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 肝線維化マーカー 池田均
サマリー   慢性肝疾患の終末像は原因にかかわらず肝硬変であり,その変化の主体である肝線維化の診断は重要である.従来からgold standardは肝生検下の組織診断であるが,検査自体のリスクが高いこと,病理診断医の判断にばらつきがあること,さらに少量の肝組織所見にて肝全体を判断してよいのかについても問題が解消されず,ほかの診断法が模索されてきた.超音波の技術を利用した肝硬度測定は組織診断と良好な相関があり,有力な診断法であるが,どこでも簡単に利用できるわけではないとの欠点があり,現状でも血液マーカーの利用が期待される.従来から血中肝線維化マーカーとして利用されているヒアルロン酸,IV型コラーゲン(7S),III型プロコラーゲン-N-ペプチドについては,線維化の程度との相関が十分とは言えず,とくにほかの疾患でも血中レベルが変化してしまうため,疾患特異性の点で問題が多い.一方,あらたに確立された血液マーカーとして,肝線維化に伴って変化する蛋白質の糖鎖修飾に注目して網羅的検討から抽出されたM2BPGi,肝線維化進展に伴う内皮細胞変化に関連して血中レベルが変化するオートタキシンについては,組織診断との相関もより強く,今後の利用拡大が期待されている.
キーワード  ヒアルロン酸,IV型コラーゲン,III型プロコラーゲンNペプチド,M2BPGi,オートタキシン
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 肝線維化マーカー 池田均
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.