医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ263巻13号 > 論文詳細
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日 p.1023-1029
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 臨床検査室の質保証:第三者認定 久保野勝男
サマリー   2016年4月,わが国の診療報酬点数のなかに“国際標準検査管理加算”が新設された.これは,厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長に届け出た保険医療機関において,検体管理加算(II),(III)または(IV)を算定した場合に,国際標準検査管理加算として40点を加算するというものである.この施設基準に「国際標準化機構が定めた臨床検査室に関する国際規格に基づく技術能力の認定を受けていること」が必要になっている.つまりは,国際規格ISO 15189に基づく検査室の管理と技術能力の高いことの第三者認定を受けている場合を評価しているものである.臨床検査は,的確な診断や治療効果のモニタリングなどのために日常的に実施されており,その品質・精度の確保はきわめて重要である.とくに今後急速に臨床現場に普及すると考えられる遺伝子関連検査などの新しい検査技術については,諸外国と同様の品質・精度の確保のための仕組みが必要であり,客観的に臨床検査室の技術能力を証明する手段として,第三者認定が果たす役割は大きいものがある.
キーワード  ISO 15189,適合性評価,第三者認定,国際標準,品質マネジメントシステム
第5土曜特集 臨床検査の最前線――将来の検査を展望する 臨床検査室の質保証:第三者認定 久保野勝男
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
臨床検査の最前線―将来の検査を展望する
263巻13号 2017年12月30日
週刊(B5判,258頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286570
雑誌コード:20475-12/30
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.