医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ228巻5号 > 論文詳細
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日 p.473-478
第5土曜特集 レニン・アンジオテンシン系のすべて CKDとRAS 木村玄次郎
サマリー   腎症を進行させる共通の機序として,腎糸球体にかかる圧負荷の重要性が想定されている.この圧負荷としての糸球体高血圧が腎障害を加速させる過程で renin−angiotensin 系(RAS)が重要な役割を果たしていることが実験レベルで明らかにされた.一方,臨床的エビデンスからも,RAS 抑制薬に腎症阻止作用があることは確立している.著者らは末期腎不全の発症動態には顕著な地域差が存在することを発見し,この地域分布はACE 阻害薬消費量の地域分布と逆相関することを明らかにした.これらの事実は,すべて腎症の進行にはRAS が大きな役割を果たしていることを確固たるものにしている.アメリカやデンマークではすでに糖尿病性腎症に基づいた末期腎不全が減少に転じていることが報告されている.わが国でなぜ増加の一途をたどるのか真摯に考えてみる必要があろう.
キーワード  レニン・アンジオテンシン系,腎保護作用,蛋白尿,心血管事故,心−腎連関
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
レニン・アンジオテンシン系のすべて
228巻5号 2009年1月31日
週刊(B5判,260頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286200
雑誌コード:20475-1/31
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.