医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.871-873
 脂質異常症UPDATE2013  
インスリン抵抗性をもつ症例
東京慈恵会医科大学 内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科
的場圭一郎,宇都宮一典
キーワード  脂質異常症,インスリン抵抗性,肥満
はじめに  
 インスリン抵抗性を引き起こすもっとも重要な原因は内臓脂肪蓄積型肥満であり,これにともなう脂質代謝異常の特徴は高TG 血症と低HDL-C血症である.エネルギー供給の過剰からVLDLの合成分泌は増加し,一方でリポ蛋白リパーゼ活性低下による異化障害によってTG に富んだリポ蛋白の増加が起こる.この際,中間代謝産物であるレムナントリポ蛋白や,粒子サイズが小型で比重の高いsmall d ense LDL が増加する.レムナントリポ蛋白やsmall d ense LDL は強い酸化能を有することに加え,マクロファージに取り込まれて泡沫化を誘導するなど,きわめて動脈硬化惹起性の強いリポ蛋白として知られている.
 本稿ではインスリン抵抗性を背景とした脂質代謝異常に対する食事療法のポイント,および実際の指導例について概説する.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
CKD(慢性腎臓病)の最新食事療法のなぜに答える 基礎編
「臨床栄養」別冊 栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ vol.3 CKD(慢性腎臓病)の最新食事療法のなぜに答える 基礎編
中尾俊之・酒井謙・金澤良枝・菅野丈夫 編

定価 2,860円(本体 2,600円+税10%)B5判 140頁 2015年8月発行
注文コード:746310


●「慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版」準拠! 食事療法の実践力と指導力が身につく一冊!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.