医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.839-843
 脂質異常症UPDATE2013  
大豆・大豆製品
日本女子大学 家政学部
丸山千寿子
キーワード  大豆たんぱく,イソフラボン,食物繊維,多価不飽和脂肪酸
はじめに  
 日本人は大豆および大豆の加工食品を,植物性の重要なたんぱく質供給源として古くから摂取してきた.これまでに,食品としての大豆および大豆製品の習慣的な摂取により,女性で冠動脈疾患や脳梗塞の発症抑制が期待できることが大規模疫学調査から明らかにされている.
 脂質異常症の食事療法においては,大豆・大豆製品はきわめて重要な役割を担っており,動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012 年版でもその利用をすすめている.高LDL コレステロール血症と高トリグリセライド血症の食事療法では,共通に改善すべき事項として,肥満があればエネルギー摂取量を制限して減量し内臓脂肪を減少させる必要がある.たんぱく質供給源としての大豆および大豆製品は,肉類や乳類と比べて脂質含有量が少なく,常用量あたりのエネルギー供給量が低いため,エネルギー制限下で用いやすい.
 これに加えて高LDL コレステロール血症に対する食事療法では,血中LDL コレステロールの低下をはかるために,飽和脂肪酸を制限してその代わりに多価不飽和脂肪酸を確保してLDL の逆転送障害を改善する.また,外因性コレステロールの摂取を制限し吸収抑制と排泄促進をはかることが食事療法の目標となる.大豆・大豆製品は多価不飽和脂肪酸を多く含むこと,植物性であるためコレステロールを含まず小腸での吸収時にコレステロールと競合作用を有するシトステロールを含むこと,食物繊維の供給源となることから,わが国では長い間大豆・大豆製品を高コレステロール血症の食事療法に用いてきた.さらに近年はこれらの作用に加えて,大豆たんぱく質と大豆イソフラボンに確実な血中コレステロール低下作用があることが明らかにされている.したがって大豆・大豆製品は脂質異常症のなかでも,高LDLコレステロール血症の治療に積極的に利用したい食品といえよう.……(雑誌本文は続きます)
 脂質異常症UPDATE2013 大豆・大豆製品 丸山千寿子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
栄養教育論
管理栄養士養成課程におけるモデルコアカリキュラム準拠 第7巻 栄養教育論 理論と実践
特定非営利活動法人日本栄養改善学会 監修/武見ゆかり・赤松利恵 編

定価 2,640円(本体 2,400円+税10%)B5判 176頁 2013年4月発行
注文コード:709870
ISBN978-4-263-70987-0

●栄養教育に関わる基本的な概要を理解し,個人・集団の栄養問題を診断し改善計画を立てるなど栄養教育の実施......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.