医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.826-830
 脂質異常症UPDATE2013  
炭水化物摂取とGlycemic Index
立川中央病院附属健康クリニック
田中照二
キーワード  女性,脂質異常症,エストロゲン
はじめに  
 Glycemic Index(GI)という語は,正式な日本語訳はなく,グライセミックインデックス(ジーアイ)とよぶ術語である.GI のはじまりはカナダのトロント大学におられた学者David Jenkins によりもたらされたものとされている.1981 年に彼とそのグループが発表した論文が最初の報告とされているのが一般的である.筆者が最初にこの語を知ったのは,1992 年にJoslin Diabetes Manual(twelfth edition)の監訳の仕事をする機会を得たときのことである.1918 年にfirst edition を発行以来,再版を続けているBoston のJoslin Diabetes Center の糖尿病食事療法に関する啓蒙書である.ここではGlycemic index については2 頁ほど解説しているだけである.
 2 型糖尿病を中心に食事療法を考える場合には,食後の血糖値への影響を第一にすることが当然ではあるが,同時に血中脂質への影響もつねに考慮せねばならない.ことに中性脂肪への影響はきわめて大切である.
 本稿では,この面からの考慮を加えて,GI の活用の意義と概要,実施時の注意点について解説したい.……(雑誌本文は続きます)
 脂質異常症UPDATE2013 炭水化物摂取とGlycemic Index 田中照二
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.