医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.781-785
 脂質異常症UPDATE2013  
高齢者
京都大学大学院医学研究科人間健康科学科
荒井秀典
キーワード  栄養,続発性高脂血症,スタチン,後期高齢者
はじめに  
 脂質異常症,すなわちLDL コレステロールの高値,トリグリセライドの高値,HDL コレステロールの低値は遺伝的素因とともに身体の活動レベルや食事内容,喫煙など生活習慣に大きく依存する.高齢者においては加齢とともに摂取栄養量,とくに脂肪摂取量の低下により,LDL コレステロールおよびトリグリセライドは70 歳以降低下し,脂質異常症の頻度も減少する.加齢は心筋梗塞,非心原性脳梗塞などの動脈硬化性疾患の重要な危険因子であり,高齢者においては,これら動脈硬化性疾患の発症頻度は増加する.一方,高齢者において糖尿病,高血圧,慢性腎臓病の合併は増加し,生活習慣の管理はきわめて重要である.ここで生活習慣病管理のため厳しい食事制限を行うと,高齢者では低栄養をきたすことがあり,注意が必要である.
 本稿では,高齢者における脂質異常症の成因ならびに治療管理について概説する.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
心臓病の栄養管理・食事療法
「臨床栄養」別冊 予防から緩和ケアまでをサポートする 心臓病の栄養管理・食事療法
佐藤幸人 編

定価 3,960円(本体 3,600円+税10%)B5判 200頁 2019年8月発行
注文コード:746450


●心臓病の予防から,心不全の緩和ケアまで,栄養管理・食事療法の実践がこの一冊に!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.