医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.122 No.6 > 論文詳細
122巻6号 2013年5月25日 p.707-710
 脂質異常症UPDATE2013  
アポ蛋白異常の視点から
東海大学医学部基盤診療系健康管理学
護山健悟
国際医療福祉大学創薬育薬医療分野
佐々木 淳
キーワード  アポ蛋白,リポ蛋白,遺伝子変異
はじめに  
 リポ蛋白は,水に溶けない脂を血流を介して組織から組織へ運搬するためにつくられる構造体の総称であり,その主要構成蛋白であるアポ蛋白を含む.つまりリポ蛋白とは,脂質とアポ蛋白の複合体の総称である.コレステロールエステルやトリグリセライドはリポ蛋白粒子の中心部に位置し,その表面をリン脂質やコレステロールが覆っているが,脂質だけでは血中に存在できないので,アポ蛋白という蛋白成分がこの粒子に混在している.リポ蛋白の主要構成蛋白であるアポ蛋白には疎水性(脂に親和性がある)の領域を有しているため脂質中に存在可能で,同時に親水性(水に溶ける)領域があるためリポ蛋白粒子が血中に存在可能である.アポ蛋白のもう1 つの大きな役割は,リポ蛋白代謝の規定因子であり,どのアポ蛋白が主要であるかによりリポ蛋白粒子の運命が決まる.……(雑誌本文は続きます)
 脂質異常症UPDATE2013 アポ蛋白異常の視点から 護山健悟,佐々木淳
本論文を購入 特集TOPへ戻る
脂質異常症UPDATE 2013
122巻6号 2013年5月25日
月刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 2,700円
注文コード:740820
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.