医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.114 No.6 > 論文詳細
114巻6号 2009年5月25日 p.610-614
 静脈・経腸栄養UPDATE 2009  
TOPICS エビデンスとガイドラインの意味
京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻健康情報学分野
中山健夫
キーワード  エビデンス,診療ガイドライン,根拠に基づく医療,推奨度
EBM とエビデンス  
 1991 年にカナダのガヤットが提唱した根拠に基づく医療(Evidence-based medicine:EBM)は,質の高い医療を求める社会的な意識の高まりともに,さまざまな臨床分野で普及した.EBM は「臨床家の勘や経験ではなく科学的根拠(エビデンス)を重視して行う医療」といわれる場合があるが,その説明は適切ではない.EBM は,研究による臨床的なエビデンスと,医療者の専門性・経験と患者の価値観の3 要素をバランスよく統合し,よりよい患者ケアのための意思決定を行うものである.すなわち,一般論としての科学的な根拠(エビデンス)と,個々の臨床例の積み重ねによる経験の両方をあわせて判断を行うことがEBM といえる.エビデンスを提供する研究としてはミクロレベルで疾病機序の解明を目指す基礎的研究よりも,人間集団を対象として治療の有効性や疾病の原因・リスク,頻度,予後を明らかにしようとする疫学的研究が重視される.……(雑誌本文は続きます)
 静脈・経腸栄養UPDATE 2009 TOPICS エビデンスとガイドラインの意味 中山健夫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
静脈・経腸栄養UPDATE 2009
114巻6号 2009年5月25日
月刊(B5判,184頁)
発行時参考価格 2,500円
注文コード:740740
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

関連著書
PT・OT・STのための診療ガイドライン活用法
PT・OT・STのための診療ガイドライン活用法
中山健夫 監修/日正巳・藤本修平 編

定価 3,960円(本体 3,600円+税10%)B5判 180頁 2017年5月発行
注文コード:215750
ISBN978-4-263-21575-3

●診療ガイドラインを理解し活用するための必読書!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.