医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.112 No.6 > 論文詳細
112巻6号 2008年5月20日 p.752-756
 褥瘡ケアUPDATE  
ターミナルケア―終末期にある褥瘡患者の栄養ケアのポイント
十和田市立中央病院
蘆野吉和
キーワード  がん終末期,褥瘡ケア,緩和ケア,栄養補給,食事指導
はじめに  
 がん疾患および非がん疾患の終末期においては,褥瘡発生素因,悪化要因ともに多く,その発生率は高いものと推定されている.とくに,がん疾患終末期ではその発生率は50%以上との報告もあり,急速に病状が悪化するなかで,いったん褥瘡が発生すれば治すことはむずかしく,がんの進行による苦痛とともに褥瘡に関連する苦痛も加わるため,終末期緩和ケアの重要な課題となっている.また,これまでのわが国においては,終末期のケアが緩和ケア病棟を含む病院でおもに行われてきたが,今後は自宅や居宅などのいわゆる在宅がケア提供のおもな場としてクローズアップされている.
 本稿では在宅での緩和ケアも念頭に置き,このような病状に対し果たして有効な栄養ケアがあるのかどうかについて,とくにがん疾患の終末期に限定して解説する.……(雑誌本文は続きます)
 褥瘡ケアUPDATE ターミナルケア―終末期にある褥瘡患者の栄養ケアのポイント 蘆野吉和
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
褥瘡ケアUPDATE
112巻6号 2008年5月20日
月刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:740720
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.