医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.112 No.6 > 論文詳細
112巻6号 2008年5月20日 p.623-628
 褥瘡ケアUPDATE  
褥瘡の発症機序と関連要因
京都大学大学院医学研究科皮膚科
松村由美,宮地良樹
キーワード  体圧,ずれ,骨突出,阻血
はじめに  
 褥瘡予防については,以前は体位変換一辺倒であり,介護にはかなりの労力を要した.最近は発症機序に基づいた対策を立てる重要性が認識され,体圧分散寝具の使用も広まった結果,予防法・治療法ともに格段の進歩を遂げた.褥瘡の発症機序と関連要因を知り,褥瘡予防・治療に対する「科学的知識」をもつことは,発症を減らすばかりでなく,介護者にとっての省力化にもつながる.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
褥瘡ケアUPDATE
112巻6号 2008年5月20日
月刊(B5判,172頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:740720
雑誌コード:09320-05
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

Knowledge Worker

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

メディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.