医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ270巻11号 > 論文詳細
腸と健康:腸オルガノイドが挑む次世代バイオモデル
270巻11号 2019年9月14日 p.1070-1075
オルガノイド産業化応用への一視点──人工立体組織が作る“未来のあたりまえ”に向けて
サマリー   2000年代に誕生した細胞立体構造物であるオルガノイドは腸をはじめとして肝,腎,胃,脳など多臓器にわたる.平面培養細胞ではみられなかった特徴を有し,より生体臓器を模した組織であるため生体評価ツールや再生医療への細胞リソースとして新規用途に用いられると期待され,関連市場も成長すると予想されている.そのため,これまでアカデミアベースで進められた製造基礎研究は,企業が参画して取り組む製品開発ステージへと進行しつつある.しかし,現状では上市製品や具体的な使用例は少なく,普及に向けてまだ課題があるといえよう.本稿では,弊社が印刷基板技術を平面パターン培養技術に応用して開発したミニ腸を具体例として取り上げ,オルガノイド製造を取り巻く現状を振りかえったうえで,想定される使用法と産業化への展開および課題について企業研究開発者の立場から考えてみたい.
キーワード  工業製造,製品仕様,使用法,オープンイノベーション
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
腸と健康:腸オルガノイドが挑む次世代バイオモデル
270巻11号 2019年9月14日
週刊(B5判,70頁)
定価 1,430円(本体 1,300円+税10%)
注文コード:927011
雑誌コード:20472-9/14
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.