医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ260巻2号 > 論文詳細
慢性の痛み−何によって生み出されているのか?
260巻2号 2017年1月14日 p.144-148
AYUMI 慢性の痛み――何によって生み出されているのか? 脳幹における痛みの抑制と慢性疼痛発現の機構 御領憲治・古江秀昌
サマリー   生体は緊急時に闘争や逃避を可能とすべく意識・覚醒レベルを高め,心拍数の上昇や散瞳,筋緊張を高める交感神経系など自律機能を変化させると同時に,外界からの刺激の受容を取捨選択する.とくに痛みは運動機能を低下させるなど闘争や逃避行動に不利なため完全に抑制され,対照的に視覚や嗅覚の受容は増強される.脳幹はこの緊急時の痛みの選択的な抑制に重要な役割を果たしている.青斑核や縫線核など脳幹に豊富に存在するモノアミン作動性ニューロン群は意識・覚醒レベルの調節にも関与するが,下行性に脊髄に投射し痛みの伝達を抑制する.最近の研究から,この抑制系の変調が慢性疼痛の発症に関与するものとして注目されている.本来,精神状態や感情の変化に伴って作動するこれら脳幹を起始核とする内因性の痛覚抑制系を,オピオイドや鎮痛補助薬は利用している.
キーワード  下行性痛覚抑制,セロトニン,ノルアドレナリン,オピオイド,鎮痛
AYUMI 慢性の痛み――何によって生み出されているのか? 脳幹における痛みの抑制と慢性疼痛発現の機構 御領憲治・古江秀昌
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
慢性の痛み
260巻2号 2017年1月14日
週刊(B5判,70頁)
発行時参考価格 1,300円
注文コード:926002
雑誌コード:20472-1/14
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.