医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ254巻10号 > 論文詳細
アルコール医学・医療の最前線2015Update9月第1土曜特集
254巻10号 2015年9月5日 p.913-918
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール関連脳神経障害 松井敏史・神ア恒一
サマリー   慢性のアルコール多量摂取は,神経系にも影響を与え多彩な疾患群を形成する.なかでもウェルニッケ脳症(WE)はアルコール依存症に併存する代表的な急性神経中枢疾患であり,意識障害・小脳性失調・眼症状を三徴とする.とくに低栄養を伴ったアルコール症患者の意識障害ではこの疾患を疑い,早期にビタミンB1の大量投与を行うが,認知機能低下が持続しコルサコフ症候群(KS)へ移行する場合がある.一方,アルコール依存症者はWEのエピソードがなくとも頭部MRI上,萎縮・脳梗塞・深部白質病変が顕著である.脳外傷や痙攣の既往,肝性脳症などが合併していることも多く,将来のアルコール関連認知症の素地となる.認知症発症の際には断酒に加え,包括的な生活スタイル改善プログラムが悪化防止に必要である.
キーワード  アルコール依存症,ウェルニッケ脳症(WE),コルサコフ症候群(KS),アルコール関連認知症,ビタミンB1
第1土曜特集 アルコール医学・医療の最前線2015 Update アルコール関連脳神経障害 松井敏史・神ア恒一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
アルコール医学・医療の最前線2015Update
254巻10号 2015年9月5日
週刊(B5判,100頁)
発行時参考価格 2,400円
注文コード:925410
雑誌コード:20471-9/5
品切れ
電子版の購入

本書は電子版を販売しています.

以下のウェブサイトで論文単位の購入が可能です.

Pier Onlineメディカルオンライン

※リンク先は医歯薬出版株式会社のウェブサイトではありません.利用方法等は各ウェブサイトへお問い合わせください.

お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2022 Ishiyaku Pub,Inc.